home 
 
 
 
家具転倒事故をなくそう

 ©fa-produce
   
家具転倒事故を無くそう(!)

どうしてなくならない。

お話にならない。

このページを更新しているまさにその最中、またしても巨大地震が日本を襲った。
こんどは九州、熊本だ。
被災地の上空を無遠慮に飛び交う無神経な報道ヘリは相変わらずだし、
非難してくるひとの口々から「家の中はぐちゃぐちゃだ・・」と出るのも相変わらずだ。

無神経な報道ヘリは置いといて、どうしていつも震災の度に家の中がぐちゃぐちゃになってしまうのだろう?
そしてこれは防ぐことができないのだろうか?
それは個人の問題で、ひとりひとりが家の中をキレイにすれば済む話・・・ではない。

今回だって震災地の建物が一斉に倒壊した・・のではなく
家の中で倒れてきた家財道具の下敷き、もしくは怪我をする。
あるいは非難の邪魔になる、床が壊れたガラスや陶器で怪我をする・・・。
いわば倒壊を免れたのに、それでも室内で災難にあったというケース。

こんなことは今に始まった事でないことは、国も住宅メーカーも百も承知なのに、どうしてなくならない?
建物に免振性、耐震性をいくら与えたって、こんな悲しい事故は絶対になくならない。
まぁ、メーカーとしてはそっちの方がカネになるのだろうが、
なにしろ家財道具の下敷きになって怪我をするなんて、バカバカしくてお話にならない(!)

すぐにできるはず。

家の中でけがをしないためにはどうするか?
家財道具を低重心にして倒れないようにするだけで、問題の多くは片付くはずだ。
特に衣類を収めるタンスや、割れ物が無数にあるキッチンは要注意で、
見上げるような食器棚をいくつも設置するなんてのは論外だし、
流し台の上にズラリと連なる吊戸棚も、もういい加減に止めたらどうだろう?
部屋の真ん中に布団を敷いて、両側に置いた見上げる高さのタンスに囲まれて就寝する・・・など、
家の中には 「見上げる・・」というアイテムがいくらでも存在している。
それらのすべては震災の時、間違いなく凶器に変身してあなたに襲い掛かることになる。

せめて新築や改修時には、その工事に関わる建築士やゼネコンが家の中から
「見上げる高さ」を一掃するプランを作り上げ、住まい手に提案すべきだ。

役人は新築や建て替え、大規模な改修工事など、少なくとも役所に工事申請をする工事については
「見上げる高さ」を排除する工事内容になっているかどうか、適切にチェック、指導すべきだ。

地震国、火山国ニッポンと言いながら、こんな私でも考えられることがなぜできないのだろう?
百歩譲って役人の行動に期待が持てないとしても、
せめて名の知れた住宅メーカーは今はやりのコンプライアンスを発揮し、
家の中から「見上げる高さ」を一掃した住宅を、とっくに発売していてもいいはずだし、
私たちのような小さな組織であっても、今すぐにできる工夫はいくらでもあるはずだ。

エフエープロデュースの対応

家の中の災害から身を守るために、ケンチク屋にできるコトはいくらでもある。
あるのにしないだけだ。
当社は2000年の設立時から、家の中の「見上げる高さ」の駆逐を行っているけれど
そんなこと、あたり前の話だ。
見上げる高さの吊戸棚、食器棚は言うに及ばず、寝室や子供部屋など
およそ家の中のすべてに「見上げる高さ」は存在しないプランを心掛けている。

でも、大掛かりな改修工事や建て替えを決断せずとも、
とりあえず家の中から「見上げるモノを一掃」することを、あなたは一刻も早く行うべきだ。
誰かをアテにしていてもしょうがない。地震国ニッポンはそういうところまできている。
危機は差し迫っているのだ。


home