プロデュース費用がご心配ですか?

プロデュースフィーが気掛かりですか?

建築プロデュース業にはいくつかの業態があり
それによってフィーも異なります。

ふたつの選択肢。

プロデューサーの業態は大別して2種類。

ひとつは作り手 ( 建築士、ゼネコン ) など、

家づくりに必要なメンバーを自らが持つコネクションの中から選び

住まい手に紹介する云わば仲介業のような業態で、費用は比較的安価、

もしくは無料の場合さえあるようです。この場合、住まい手と各作り手はどちらも初対面のため

設計や施工がスムースに進まないことが想像され、トラブルも頻発するようです。

ふたつめは家づくりの最初から最後までプロデュースを行うケース。

住まい手に代わって家づくりを代行してくれる、そんな存在です。

家づくりには「言った、云わない・・」という古典的トラブルが今もあります。

そうなる原因に意思疎通、曖昧な指示系統などがありますが

プロデューサーが家づくりに介入することで、ほぼ防ぐことができます。

家づくりの打ち合わせは住まい手にとって理解不能な内容の連続で

その過程で、住まい手と作り手の間には少しづつズレが生じて行きます。

プロデューサーは家づくりの主導権を一本化し、全内容を理解したうえで

住まい手に分かりやすく内容、進捗をご説明してゆくので、無用なトラブルから解放されるのです。

例外もある。

近年、設計機関、あるいは施工機関に属した建築プロデューサーも存在するようです。

例えば〇〇設計事務所や〇〇建設の中に従業員、

もしくは部署としての建築プロデューサーが存在するというケースがありますが

これはとてもイレギュラーなケースです。

なぜならプロデューサーは第三者の視点から住まい手の家づくりをプロデュースするのですから

設計事務所や建設会社に籍を置いてしまえば、第三者的役割を果たすことは不可能。

所属する企業の不利益になる発言できるはずもなく、それでは存在する意味がありません。

なぜこのような存在が増え始めてきたのか、理解に苦しみます。

faproduce の場合。

気になるプロデュース費用についてお話しします。

既述したように、プロデューサーが加わることで住まい手の労力は大きく低減します。

これは作り手にとっても著しい省力化になります。

このためfaproduce はフィー(費用)を住まい手に対してではなく、作り手に対し行っています。

これで住まい手はプロデュースフィーから開放されるのです。

ここは企業秘密の部分にもあたりますので詳細なご説明は省略しますが

より詳細なご説明をご希望の際はお問い合わせフォームでお待ちしております。

プロデューサーいなくても家は建つ。

このような方法を思い立ったのには理由があります。

プロデューサーなどいなくても、「モノ」としての家を作ることはできます。完成度は別として..

どれだけ有効な存在であったとしても、通常の費用にプロデュースフィーが上乗せされるのでは

プロデューサーの魅力は半減どころか、やっぱり要らない・・となっても当然と考えました。

こうすることで、住まい手はプロデューサーが介入する家づくりの利点だけを享受できるはずです。

家づくり本体はもちろん、家具その他アイテムに関するプロデュースフィーも不要。

存分に家づくりを、そしてその後の暮らしをお楽しみいただけます。

内部リンク ( こちらもどうぞ )

* our style : 私たちの家づくり