「暮らし方」と「価値観」が反映されていなければ
それは単なる建築物でしかありません。

雨風が凌げて地震に強く、少しのデザインが施されていれば

あなたはご自分の愛邸を、それで良しと思うでしょうか?

「家づくりは三度経験しないと満足する家にはならない」という表現は昔も今も健在。

以前と比べれば建築技術や建築資材も著しい進歩を遂げ、

住宅にもデザインが配慮されるようになったというのに、

どうしてこの古典的表現は今も健在なのでしょう?

そうなる原因は構造部分や安全性、デザイン以外にあるとしか考えられません。

Living & Home

家は単なる建築物ではなく
人が暮らす暮らしのということを考えれば
きっとあなたも今の家づくりの在り方に
少なからず疑問が生じるはずです。

家は建築物である前に、そこは人が暮らす場所。

そこに暮らす人の暮らし方や価値観が家づくりに反映されないとしたら

きっとこれからも「家は三度経験しないと・・」は健在と思われます。

「仏作って魂入れず」という有名な格言がありますが

家をつくるとき、そこに住むであろう住まい手の「暮らし方と「価値観」が欠けていれば

それは既述の格言同様、 ” モノ ” をつくっているに過ぎません。

でも住まい手の「暮らし方」や「価値観」を探ることはそう簡単ではありません。

faproduce は独自のヒアリングを通し、住まい手の「暮らし方」と「価値観」を最重要視、

得られた情報を基に、家づくりを行っています。