どんな家がご希望ですか?
強い違和感を感じるこの言葉。

家づくりの窓口にどこを選んでも「どんな家をご希望ですか?」

現在の家づくりは例外なく、この言葉で始まるはずですが

既に完成し、プライスタグがぶら下がっている商品を買うのならまだしも

白紙の段階から始める家づくりを、「どんな家を・・」と聞くのは的外れでしかありません。

正しくは「こんな家があなた達に相応しいと考えます」

そうあるのが本来の専門家の手による家づくりだと faproduce は考えています。

そしてその根拠となるものが、住まい手の「暮らし方」と「価値観」で

これに例外はないとも faproduce は考えます。

暮らし方と価値観によって、暮らしの場所となる家づくりは大きく変わり、

本来なら一軒として同じ家は存在しないはずです。

現在の家は LDK + 個室という成り立ちとなっていますが、

暮らし方と価値観を反映すれば、決まりもののように存在する LDK ですら

変化を余儀なくされても何らおかしくはありません。

古くから家は一生の買い物と表現されますが、現実はそうでもなく

短期間のうちにリフォームが繰り返され、ほんの20年ほどで建て替えられている現状は

既述の「どんな家が..」が大きく影響していることは間違いありません。

消費者が希望する家を忠実につくることは、極めて真っ当な作業と映りますが

専門家が家をつくる以上、それではいけないと faproduce は考えているのです。